打撲 冷えピタ 効果 冷やす 対処

打撲の痛みを和らげる効果の冷えピタ!/冷やす処置を目的とした対処

スポンサーリンク

打撲をしてしまい、ひどく痛むというときには患部を清潔にした後に冷えピタを貼ると効果的です。
痛む理由としては患部周辺の血管が損傷しており、その狭くなったところに血が通ることによるものが主となっています。

 

つまり、血行を悪くすることによって痛みを無くす効果があるのです。
血行を阻害するという意味では悪影響に感じるかもしれませんが、短期的にはかなり効果的な治療といえます。

 

痛みというのは人間にとってかなり悪影響を及ぼし、場合によっては関係ないところまで悪くなってしまうのです。
そうした事態を防ぐためにはまず、痛みを無くすようにしなければなりません。

 

冷えピタは打撲の初期症状には効果的であり、重要な治療といえるのです。
ただ、冷えピタを使用するときはあまり長期間にわたって使用し続けるべきではありません。
冷えピタを楽天でチェック

 

ある程度痛みが治まったならば逆に患部を温めるようにすると早く治るようになります。
あくまで打撲の初期症状に使うものであることを知っておきましょう。

スポンサーリンク

打撲の初期症状に使うと痛みを軽減させ、夜もすっきり眠ることができる冷えピタですが、長期の使用には向いていません。
医者でも長くとも一週間で使用をやめるようにいわれます。
あまりいつまでも血行を阻害し続けると治癒力が下がってしまうのです。

 

冷えピタの効果はたしかに患部の消毒などの効果がありますが、主な効果は患部を冷やすこととなります。
打撲というのはどうしてもすぐに治るわけには行かないので、長期的に治療を行わなければなりません。
その際にずっと冷えピタを使用し続けるのは逆効果なのです。

 

痛みがだいぶ軽減された時点で何かを貼るのはやめ、風呂にしっかりと入浴するようにしましょう。
そうすることで患部に血が通い、治りが早くなるのです。

 

そのさいに打撲の患部がまた痛み始めることがあります。
その際には一度医者を受診したほうがいいでしょう。

 

再び冷えピタを貼り始めるということはしないようにして、医師の指導に従うようにするべきです。

スポンサーリンク