打撲 温泉 治療

打撲は温泉で治療は効果あるってホント?/おすすめの源泉はコレだ!

スポンサーリンク

打撲というのは冷やしたほうがいいというのは周知の通りです。
しかし、暖めたほうがいいという意見もあります。

 

冷やすべきなのか、暖めるべきなのか混乱してしまいますがどちらも正解といえるのです。
打撲というのは打ったときに冷やすと痛みが麻痺するので、有効となります。

 

そのまま冷やしたままだと痛みは治まったままになりますが、それだと血行が悪くなってしまい治りが遅くなるのです。
打撲は最初は冷やし、後は暖めるようにするのが一番治療にはいいといえるでしょう。

 

温泉で治療する場合は打撲直後は控えて、早くとも次の日に温泉に入るようにすると確実です。
温泉は血行を良くしてくれるので打撲の患部の治療には最適といえます。
自宅の風呂でもそうした治療は可能であり、入浴剤にもそうした打ち身に効く成分などが多くなっているのです。
打撲した時におすすめの入浴剤を楽天でチェック

 

温泉で怪我を治す湯治と呼ばれる治療は昔から日本で行われており、確かな実績と歴史があります。
怪我はゆっくりと治しておくのが体に負担をかけない方法です。

スポンサーリンク

温泉で打撲治療を行っていく際にはできるだけ体を温めるようにするのが良いといえるでしょう。
一日に何度も温泉に入る人は多いですが、これは効果的であり、患部に負担をかけないのです。

 

ただ、温泉の中には弱塩基性のものが多くあり、それは古い角質を排除してもらえるので打ち身や捻挫によくききます。
しかし、あまりにも多く入りすぎると肌に負担がかかってしまうので、弱塩基性などの刺激のある温泉にはあまり頻繁には入らないほうがいいでしょう。

 

源泉は様々な種類が存在し、なぜ体にいいのかの理由も変わってきます。
ただミネラルが多く含まれているだけのものも多くあり、それらはどちらかといえば飲むことで効果が得られるのです。

 

打撲にいいのは弱塩基性、あるいは遠赤外線などの血行を促進したり、古い角質を取り除く性質のものとなっています。

 

詳しくはるるぶで解説してくれています。ぜひ参考にしてみてください。
打撲した時におすすめの温泉をるるぶでチェック

 

効能などはホームページでも公開しているのでしっかりとチェックしましょう。
そうすることで打撲をしっかりと治療することができます。

スポンサーリンク