打撲 しこり 痛い 理由

打撲のしこりが痛い理由/症状が緩和した後は温めることで早期完治

スポンサーリンク

打撲をしたところにしこりができてしまい、痛い期間が長引いてしまうことがあります。
このしこりができてしまう原因はあまりわかっておらず、どうすれば防げるのかもはっきりしていません。

 

しかし、治す方法ははっきりしています。
体の血行を浴するように心がけることです。

 

そうすることによって血液が循環し、しこりのところにも新鮮な血液が巡るので細胞の入れ替えが起こっていきます。
痛い期間が長引いてしまう理由としてはこの血行を良くすることを怠っていることが多いのです。

 

具体的には入浴せずにシャワーだけで済ませてしまっていることが多く、入浴するようになってからかなりの速さでしこりが消えることもあります。
打撲によって生じるしこりの発生を防ぐのは難しいですが、体を冷やさないようにすれば割と早く治るのです。

 

痛い理由となってしまうしこりですが、そこまで恐れるような症状ではありません。
実際に不安になったならば医者に行くといいですが、大抵は入浴を確実にするような指導を受けるでしょう。

スポンサーリンク

打撲が痛いのを防ぐためにはまず冷やすのが大事です。
そうすることで痛みと併発するかゆみを防ぐことができますが、これを行うと患部の血管が収縮し、血の巡りが悪くなってしまいます。
よって、打撲の痛いのが引いたならばすぐに暖めるようにするといいでしょう。

 

いつまでも冷やし続けてしまうのがしこりのできる原因のひとつとされています。

 

打撲の痛い理由は打撲によって血管が傷つき、そこに血が通ってしまうからであり、脈にあわせて痛い理由ともなってるのです。

 

こうした理由をしっかりと理解することが効率のいい治療を行うためには大事なことといえます。
治療にいいのが冷やしたり暖めたりするという正反対の行為なので混乱しがちですが、理由をしっかり把握しておけば納得できるというものです。

 

子供などはこうした理由を理解することは難しいので、あまり理屈を教えずに、最初は冷やして痛みが引いたら暖めるという風に教えるといいでしょう。
確実な治療を行い、しこりを悪化させないようにすると早く治ります。

スポンサーリンク