打撲 湿布 ロキソニン 効果

打撲に対して湿布とロキソニンの効果とは!?/正しい使用方法

スポンサーリンク

打撲をすると湿布を貼って対処することはよくあります。
その中でもロキソニンは非常に効果が高いということで多用されています。

 

打撲には消炎より鎮痛の作用が重要になってきます。
そのために湿布をはるということになります。
ロキソニンは鎮痛と消炎の両方に作用があって効果も高いので人気が高いといえます。

 

打撲をすると腫れが出てしまっている場合も多く痛みも出てきます。
その腫れや痛みを抑えるということが湿布には一番大切であるということになります。

 

飲み薬で治す場合もありますが基本的には貼って治すということが基本になってきます。
特にロキソニンは非常に効果の持続時間が短いということが注意点になってきます。

 

肌があまり強くない場合には他の治療法との併用も考えていくことが大切になってきます。
いずれにしても病院で診察を受けて、しっかりと用法を確認してから使用するということが大事になってくるといえます。
しかし、非常に強力であることは確かです。

スポンサーリンク

打撲をしたときに貼る湿布には冷感のものと温感のものがありますが、基本的には有効成分にも効果にも、それほど大きな違いはないといえます。
実際に冷感を使用しても温感を使用しても貼り付けた皮膚の温度は1度も変わらないということになります。

 

ロキソニンは実際にはハップ剤という種類に分類されるため特に冷感も温感もなく感覚的には、その中間ともいえるものです。
そのために打撲のときの湿布としてロキソニンが使われることが多くなっています。

 

どうしても貼った時に冷たかったり温かかったりというのは個人的な好みもあります。
効果に違いがないのであれば貼ってもじんわり感じる程度がいいといえます。

 

しかし打撲に使う湿布としてはロキソニンは非常に効果が高く塗り薬と併用して使うこともあります。
他の湿布に比べても効果のある時間が短いので貼り替えの頻度も高いといえます。

 

そのためにかぶれには十分に注意が必要になってきます。
しっかりと使用法を把握して使えば非常に使えます。

スポンサーリンク