打撲 皮下血腫 しこり 治療

打撲による皮下血腫のしこりの治療方法/内出血を放置すると起こる?

スポンサーリンク

 

打撲は体を何かにぶつけたときに起こりますが、多くの場合はしばらくすると腫れなどが引いて自然に良くなっていきます。

 

ただまれに「しこり」のようなものが残ることがあり、そのようなものは打撲によってできた皮下血腫である可能性が高いです。

 

皮下血腫とは皮膚の下にできた血液の塊のことをいい、この血の塊は骨のように固くなることがあります。

 

そうなると運動をするときに痛みを感じることもあるので、適切な治療を受けなければいけません。
打撲によってできた皮下血腫は病院で治療を受ければ、短期間で問題を解決できることが多いです。

 

この問題は固まった血をとかして拡散すれば良くなるので、そのような治療を受ければしこりの問題をよくできます。

 

打撲によってできた皮下血腫は自然に良くなることもありますが、長期間ほとんど治らないこともあります。
ですから打撲のあとに治りづらいしこりがあるならば、病院に行って適切な治療を受けたほうが安全です。

 

スポンサーリンク

 

打撲をした時は初期の段階でうまく対応をしておくと、内出血などを抑えることができ怪我の治りを良くすることができます。

 

しかしうまく対応ができないと大きな内出血が発生することがあり、そういう内出血は後でトラブルの原因になります。
打撲時の内出血はしばらくすると皮下血腫になって、皮膚の下のしこりとしてあらわれてきます。

 

このしこりの問題はなかなか治りづらいものなので、適切な治療を受けて対応をすることが重要です。
皮下血腫の治療でよく行われるのは患部を温めてマッサージをする方法で、そのような対応は効果が高いです。

 

このしこりの問題は血液が固まってしまったことが原因で起こりますから、その固まった問題を揉みほぐせば改善できます。

 

ただこういうことは素人には難しいところがあるので、適切な治療を受けるために病院に行ったほうがいいです。
病院ならばどのような皮下血腫なのか調べてくれますし、向いている治療方法についてもアドバイスをしてくれます。

 

 

スポンサーリンク