骨折 ギブス 外す 期間

骨折でギブスを外す期間

スポンサーリンク

骨折は痛いですし治療の期間はなかなかに辛いものです。
ギブスを使って幹部を固定して、外すことが出来るまで時間がかかります。
骨折してからギブスを外すまでは、どのくらいの期間が必要になるのでしょうか。

 

 

【ギブスの固定方法】
ギブスと言ったら、石膏を使って固めるイメージがあるでしょう。
ですが、現在では樹脂シートのようなもので固めることも多いです。
そして、骨折の状態に加えて、どこが骨折したのかによって、固定方法が違ってきます。

 

 

【期間はどのくらいなのか】
ギブスを使って固定するような骨折の場合、外すまでは2週間から4週間必要となるケースが多いです。
大体このくらいの期間でギブスを外すことが出来ると言うことですが、骨のつきが悪い場合は6週間程度かかることもあるとい言います。

 

スポンサーリンク

【骨の状態を見て決める】
長期間になると、動かさないこともあって、ギブスで固定した部位の筋肉が固まってしまいます。
結果動きが鈍くなりますから、そうなる前に外すことになります。
骨折した部位をレントゲン撮影して、骨のくっつき具合を見て、期間的にいつ外すのかを検討することになります。
このとき、入浴できないなど、日常生活に支障が出る可能性があります。
ですから、早く外したいと思うかもしれませんが、必要な期間しっかりと固定をして、患部の安静をした方が良いですし、骨折してから外すまでの期間を短く出来ます。

 

 

骨折をしてい間は、どうしても不便な生活になってしまうことが多いですが、ギブスの固定を外すまでの間は大体1ヶ月程度ということですから、骨折部位のギブスを安静を保つことが外すまでの期間を短くして、しっかりと治すための近道となるでしょう。

 

 

骨を折った時はとても痛いですし、治るまではとにかくしんどいです。
ですから装着してしっかりと医師の指導に従うことが大事となります。
下手に動くと骨が上手にくっついてくれないですから、そのあたりはしっかりと気をつけるようにしたいところです。

スポンサーリンク