骨折 ギプス 臭い 対処

骨折のギプスが臭い場合の対処方法

スポンサーリンク

骨折をした場合、ギプスを使って固定をすることになります。
この場合は固定をして自然治癒するのを待つことになります。
このとき、どうしても臭いが出てしまうわけですが、骨折時の悪臭に関して悩まされている人も多いでしょう。

 

 

【ギプスの臭いについて】
骨折時にギプスは長期間装着することになりますから、臭いを避けることは出来ません。
なぜ臭いが出るのかと言うと、皮膚のターンオーバーが理由として挙げられます。
不要になった皮膚は垢となって排出されるわけですが、垢は雑菌にとっては栄養になりますから当然細菌が繁殖することになります。
また、汗もかきますから水分も入ってきます。
結果的に雑菌が繁殖しやすい環境になりますし、空気も通りにくく乾燥も出来ない状態ですから、更に状況は悪化するわけです。

 

スポンサーリンク

【対処する方法について】
ギプスの中の温度は、人間の体温に近くなります。
この温度は雑菌が繁殖しやすい温度ですから、ますます臭いは厳しいことになります。
ちなみに、このギプスによる臭いの対処としては、雑菌の繁殖を防ぐことは出来ないですから、雑菌を取り除くことが大事となります。
臭いを除去するわけですから、消臭剤を使おうと考えるでしょう。
しかし、これは避けた方が良いでしょう。

 

 

【どう対処すれば良いか】
消臭剤だと臭いは対処として一時的には消えるのですが、骨折したギブスの中は雑菌が繁殖しやすい状態です。
ですから、消臭剤が悪臭の原因になってしまうのです。
では、どうすれば良いかですが、これはアルコールを使うのが良いです。
雑菌の殺菌をすることによって、ギプスの臭いへの対処が出来るわけです。
市販のアルコールだと効果が強すぎるため、効果が薄めのものを利用すると良いでしょう。
このとき、皮膚が弱い人は肌荒れが起こる可能性があるため、対処には十分に注意しましょう。

 

 

骨折をしたときは精神的に負担がかかると思います。
このときは大変な思いをするでしょうし、骨折時のギプスの中の悪臭にも悩まされるでしょう。
ですが、骨折したときに対処する方法はあることを知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク