骨折 痛み どのくらい 続く

骨折の痛みはどのくらい続くのか

スポンサーリンク

骨折をしたとき、気になるのはどのくらい痛みが続くのかという点です。
骨折と言うと、軽くヒビが入るものもありますし、粉々に砕けてしまうものもあるのです。
ですから、痛みに関してもある種それに依存したものになります。

 

 

【骨折の痛みはどのくらい続くか】
骨を折ってしまったら、痛さが出ますし、炎症が起こって腫れも出てきます。
強く打ち付けたとき、外から見ただけでは骨折と判断できないケースもあります。
患部を動かそうとしたり、強く押し付けた時に痛みを感じた場合は骨折していることが多いのです。

 

 

このときの、どのくらい続くのかと言うと、1週間程度はかかると思っても良いでしょう。
医師の処置によって痛みそのものはかなり軽くなります。
どの程度の骨折なのかによっても変わるわけですが、大体このくらいの期間だと思っていて良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【腫れの症状と合わせると】
骨折による痛さがどのくらい続くのかは、大体1週間程度になるのですが、腫れに関してはもう少し期間が必要になります。
腫れは2週間から3週間程度で引くと言うことですが、それに伴う痛さが出ることもあります。
違和感がなくなるまでは、トータルでこのくらいの期間は必要になる可能性がありますから、辛抱強く待つと良いでしょう。

 

 

【痛み止めについて】
骨を折ることによる痛さが続くのを抑えるため、ロキソニンが処方されることがあります。
どのくらい続くか分からない骨折による痛みを抑えるための鎮痛剤であって、消炎解熱剤としても用いられるのです。
これによって多少の鎮痛効果はあるのですが、だからと言って動かしても痛くないということはありません。
すぐに痛さを取りたいから飲むという行為は場合によってはあまりよくないですから注意はしたいところです。

 

 

骨折による痛みはどのくらいで引くのかということについて紹介しました。
ただ、どのくらい続くかは個人差もありますから、とにかく安静にして痛みが取れるのを待つように心がけると良いでしょう。

スポンサーリンク