骨折 骨がくっつく 期間

骨折で骨がくっつくまでの期間について

スポンサーリンク

骨折は、字のまんまで骨が折れることを意味するものですが、その後骨がくっつくまではどのくらいの期間が必要になるのでしょう。
これは意外と気になるところがあるでしょう。

 

 

【骨折で骨がくっつくまでの期間】
骨折をしたら、病院にいって処置を受けることになるでしょうが、いつごろ骨がくっつくのかということについて聞くことになるでしょう。
医師は期間を言ってくれるでしょうが、これは一概に必ずその期間で骨がくっつくとは限らないところがあります。
それは、部位によって骨がくっつく期間が変わることもありますし、その人の持っている回復力によっても異なる点があるのです。
ただし、ある程度部位によって骨がくっつくまでの期間は決まっています。

 

 

【骨の治癒過程】
骨がくっつくということですが、厳密には治癒する過程において、新たな骨組織に置き換わるというものがあります。
これは骨のリモデリングと呼ばれるものですが、この過程において、骨の形成、そして吸収が繰り返して行われることによって新しい骨になっていくのです。

 

スポンサーリンク

【かかる期間の目安】
骨折から骨がくっつくまでの期間というのは、前述のとおり部位によってある程度決まっています。
医師の説明では全治○週間という説明があるのですが、これは年齢や性別、健康状態を踏まえた上で、これだけの時間があれば完治するだろうという目安的なところがあるのです。
ちなみに、小児は成人と比較したときに2割から3割程度早く治ると言われているのです。
それとは反対に、若い人よりも高齢者の方が骨がくっつくまでの期間は長くなります。
それに加えて、喫煙をしている人も同様に骨がくっつきにくいと言われているのです。
要するにその人の持っている自然治癒力に依存するところがあるというわけです。

 

 

骨折は大変なものですし、治るまでは不自由してしまうものです。
ですが、骨折はしっかりと処置を行ってもらえば完治するものです。
骨折がいつ治るのか気になるでしょうが、辛抱強く待つことが大切なのです。

スポンサーリンク