虫刺され 内出血 原因 対処 方法

虫刺されで生じる内出血の原因と適切な対処方法

スポンサーリンク

虫刺されの跡が内出血状態となってしまい、時間が経過しても治らず困った経験をお持ちの方は少なくありません。
ここではこうした症状の原因と対処方法を検証の上、いざという時の予備知識として踏まえておきたいと思います。

 

 

【内出血の原因】
虫刺されの箇所が毛細血管を貫いてしまった場合、そこから皮膚の下に血液が流れ出てしまう原因で、内出血状態が生じる事があります。
更には虫刺されで負った皮膚の傷が原因で、外部への出血が見られる事もあります。

 

 

【適切な対処方法】
虫刺されが原因の内出血の場合、まずは患部を冷やしてください。
この対処を通じてかゆみを抑えられるのみならず、内出血を止める効果にも繋がります。
また患部を極力動かさぬように安静にするのも、症状悪化を防ぐ上で大切です。

 

 

【外部からの刺激は禁物】
虫刺されのかゆみは私達にとって大敵です。
我慢出来ず無意識に掻いてしまう、刺激を与えてしまうなどの行為に及びがちですが、いずれも症状悪化のリスクが避けられません。

 

スポンサーリンク

【市販の薬を用いての対処】
今日虫刺され用の市販薬が多数流通していますので、これらを使用上の注意に沿って患部に塗布する事で、かゆみや内出血の治癒効果の促進が期待出来ます。

 

 

【間違った対処方法のリスク】
一昔前のかゆみへの対処方法として、爪で虫刺されで膨らんだり内出血が見られる患部を強く押すなど、一時的にかゆみを麻痺させる手法が見られますが、これは患部の状況を悪化させる原因となります。

 

 

【症状が治まらない場合】
皮膚下の内出血は時間の経過と共に自然治癒しますが、回復が遅い場合は素人判断に基づく対処方法ををあれこれ実践し過ぎず、医師の診察を受ける選択が賢明です。
他の何らかの原因の存在も考えられます。

 

 

 

虫刺されが原因の内出血への正しい対処方法としては、患部を冷やし安静に保った上で、市販薬を用いる方法が確実です。
かゆみ軽減だけを優先した素人判断の改善方法は、逆効果のリスクが否めずお薦めできません。

スポンサーリンク