足の爪 内出血 病院 何科 受診

足の爪の内出血は病院の何科で受診すべきか

スポンサーリンク

痛みなどの違和感こそ感じない一方、足の爪が内出血状態で赤黒く変色から治らないケースは珍しくありません。
病院に行くべきなのか、何科を受信すべきなのかなど、症状が更に悪化するのを防ぐ上で必要な基礎知識をお伝えします。

 

 

【足の爪の内出血の原因】
ある日気づけば足の爪の内側が赤黒く変色してしまっていた、そんな経験をお持ちの方は少なくありません。
これは外部から強い衝撃や圧迫が爪の内側に及んだ結果、血管が傷つき皮下組織内で出血を起こしている状況です。

 

 

【病気に対する不安】
足の爪の内出血は、サイズが窮屈な靴を履いての長時間歩行などでも生じる症状であり、指や爪の病気と即結び付けて捉える必要はありません。
痛みや違和感などの自覚症状が無ければ、即病院で受診が必要な状況とは言い切れません。

 

 

【発症後について】
足の爪の内出血発症後の多くの場合、時間の経過と共に新しい爪が作られ、変色は時間の経過と共に自然と自然治癒します。
古い爪がぐらつき始めて不安定になった場合、引っ掛けて剥がしてしまわぬよう、テーピングで固定してください。
最後には自然と新しい爪に押し上げられて剥離し、下から新しい爪が現れます。

 

スポンサーリンク

【何科で受診すべきか】
足の爪の内出血の診察を病院で受診する場合、果たして何かを訪ねるべきか迷ってしまいますが、ここでポイントとなるのが「この機会に他に気になる足の指のトラブルも合わせて診察してもらう」姿勢です、

 

【具体的に何科を選択するのか】
例えば水虫など皮膚のトラブルにお悩みであれば皮膚科、内出血の原因が外部からの強い衝撃であると判明していれば外科など、まずは自身が気になる他の症状も合わせての選択からの受診がお薦めです。

 

 

【病院間の連携に従って】
たとえばとある病院で受診した結果、他の何科での診察を進められる可能性も皆無とは言えません。
病院での専門的な診断の結果、自身が見過ごしていた、医療処置が必要なトラブルが発券されるケースは少なくありません。
最初に何科を受診するかの選択に神経を遣い過ぎず、まずは病院を訪れてみる姿勢が結果、トラブルの早期発見に繋がる一例です。

 

 

足の爪の内出血が気になる場合、病院の何科で受診するのかを判断する際には、他に気になる症状を視野に入れる選択法が挙げられます。
あるいは何科に拘らず、まずは病院に足を運び受診してみる姿勢が結果、他のトラブルの早期発見に繋がるケースも見られます。

スポンサーリンク