目の下 内出血 原因 対処 方法

目の下の内出血の原因と対処方法

スポンサーリンク

目の下の内出血は箇所が箇所だけに非常に目だってしまい、周囲の人達からの視線が気になるのみまらず、眼球に近いというリスクも無視出来ません。
その原因と適切な対処方法をここで確認しておきたいと思います。

 

 

【非常に繊細な目の下】
私達にとって非常に大切な器官である眼球周辺すなわち目の下は、無数の毛細血管が走る非常に繊細な部位に他なりません。
外部から衝撃を受けた際のみならず、日常生活の些細な動作が原因で、内出血を生じてしまう可能性が否めません。

 

 

【こんな原因でも内出血が】
たとえば瞬間的に全身に力を込めた場合、条件反射的に強く瞼を閉じますが、この際に毛細血管が皮膚の下で切れてしまい、内出血を生じてしまう場合があります。
トイレで踏ん張ったのが原因というケースも少なくありません。

 

 

【内出血を未然に防ぐ対処方法】
目の下に身体の内部から大きな圧力が及び、毛細血管が避けてしまう事で生じる内出血に関しては、瞬間的な条件反射に起因するが故、未然に防ぐ対処法の実践が難しいのが現状です。
但し高血圧が原因で生じるケースもあり、自身の健康状態を適正に保つ事で、発症のリスクの軽減が叶います。

 

スポンサーリンク

【加齢や過労が原因の場合】
加齢に伴い血管自体が弱ってしまう、あるいはパソコンを長時間眺め続けた事で眼球周辺に過度な負担が掛かり、結果目の下の内出血症状に繋がる展開も見られます。
こうした原因への対処方法としては、静かに目を閉じる、目を冷やすなど、眼球とその周辺を休ませる配慮が挙げられます。

 

 

【血行不良が原因の場合】
毛細血管内の血行不良もまた、目の下の内出血に繋がるリスクが避けられません。
対処方法としては優しくマッサージずる、眼球を運動させて目の周囲の筋肉をほぐすなどが挙げられます。
過度に目薬を用いるなどの対処方法は、無用な刺激を眼球に与えてしまう懸念があり、注意が必要です。

 

 

【原因不明の場合は医師の診察を】
素人判断からの対処方法の実践に不安が拭えぬ場合、あるいは発症の頻度が高い場合には、眼科の診察を受けてください。
その上で医師の指示に沿った対処方法を正しく理解から、確実に継続して改善に努めてください。

 

 

目の下の内出血発症に際しては、外部からの衝撃のみならず、体調や日常の行動に起因する場合が多々見られます。
患部を休める、マッサージを施すなどの自己対応のみならず、必要に応じて専門医の診察を受ける姿勢も大切です。

スポンサーリンク