採血 内出血 原因 対処 方法

採血で内出血が生じ得る原因と対処方法

スポンサーリンク

採血後に注射針を刺した付近に内出血が生じてしまった経験をお持ちの方は少なくありません。
ここではその原因と適切な対処方法を検証から予備知識として知っておく事で、今後同様の場面に遭遇した際に備えておきたいと思います。

 

 

【採血時の内出血の原因】
採血後に注射針を刺した付近が赤黒く内出血状態になってしまうケースは珍しくありません。
十分に止血していたにも関わらず、時に皮膚の変色部分が広範囲に及ぶ事もあります。
これは血管に注射針を刺して抜いた後、その穴から血液が漏れて皮膚の下に溜まってしまうのが原因です。

 

 

【複数回の注射のリスク】
採血に際し血管に注射針が適正に届かず、複数回繰り返さざるを得ない場合、注射針の先端が血管を中途半端に傷つけてしまい、内出血の原因となるケースも多々見られます。
実際に採血を行っていない部位に生じる事もあり、原因を見誤りやすいので注意が必要です。

 

 

【動脈から採血する場合】
一般的に採血は静脈から行いますが、必要に応じて動脈に注射針を刺す場合もあります。
血液の流れの勢いが強い動脈の場合、それだけ注射針の跡から血液が溢れ出るリスクも高く、内出血に繋がる場合があります。

 

スポンサーリンク

【予防策としての対処方法】
注射針を抜いた直後に脱脂綿で押さえて暫く止血から、テーピングで皮膚に空いた穴をふさぐ対処方法が用いられますが、この際に元来体外に溢れるべき漏れた血液が、行き場を失い内出血状態となる事があります。
患部を極力安静に、原因となる血管に生じた穴がより早く塞がる環境を整える対処方法も大切です。

 

 

【患部を冷やす対処方法】
止血に関しては個人差があり、直ぐに出血が止まる方、その反対で時間を要する方まで各々異なります。
止血と内出血の緩和双方に効果が期待出来る対処方法として、患部を冷やす方法を知っておきましょう。

 

 

【食生活改善を通じての対処方法】
血管の自然治癒力を含めた自己回復能力の向上もまた、採決時に生じる内出血のリスク軽減に繋がります。
ここで鍵となる成分が鉄分です。
レバー、青のり、ひじきなどに豊富に含まれていますので、積極的に摂取する事での体質改善もまた、有効な対処方法の1つです。

 

 

 

採血時の内出血の原因はいずれも、注射針が血管に穴を開ける、もしくは適正に刺さらず傷をつけてしまう点で共通しています。
しっかりと止血から安静にする、患部を冷やすなどの対処が求められます。

スポンサーリンク