内出血 あざ 消し方

内出血があざになってしまった際の消し方

スポンサーリンク

内出血が生じ、時間が経過するも自然治癒が進まず、気づけばあざ状態になってしまった場合、その治し方が症状に適しているか否かの判断が重要です。
ここでは基礎的な医学豆知識として、知っておくべきこれらの消し方をご紹介します。

 

 

【内出血の原因とあざ】
皮膚の下の血管が何らかの衝撃を受けて傷つき、溢れ出た血液が行き場を無くし、皮膚の下に溜まった状態が内出血です。
通常は時間の経過と共に自然治癒しますが、時に症状が治まらぬ場合にあざとなります。

 

 

【共通する正しい消し方】
内出血とあざの基本的な治し方は共通しており、正しい順序を踏んだ対処が求められます。
ます第一段階として、これらの発症を確認した際には、患部を冷やす対応が大切です。
内出血やあざが生じた患部には炎症が生じており、冷やす事で止血と腫れや痛みの軽減効果が得られます。

 

 

【自覚症状が落ち着いたなら】
腫れや痛みなどの自覚症状が落ち着いたなら、次は患部を温める対応に切り替えます。
これは患部の血流を活性化させ、自然治癒力を高めるのが目的です。
内出血やあざが生じた部位に音湿布する、あるいは入浴時に十分に温めるなど、決して過剰に熱し過ぎぬ注意を払う正しい消し方を実践してください。

 

スポンサーリンク

【食生活を見直す消し方】
内出血やあざの、より安全確実な消し方として見過ごせないのが、日常の食生活の見直しからの対応です。
鉄分やビタミンCを多く含む食事を心掛ける事で、血行を促進から自然治癒を後押しする効果が期待されます。

 

 

【塗り薬を用いる消し方と注意点】
少しでも早い治癒を望むのであれば、塗り薬を用いるのも一案です。
患部に塗布する事で血行促進効果を得る事で治癒のスピードアップが期待されます。
但し自身の体質とのマッチングなどの要確認点が見過ごせず、薬剤師もしくは医師に相談から確認を怠ってはなりません。

 

 

【病気が懸念される場合】
原因が思い当たらぬ内出血やあざが、実は身体内に潜む病気を知らせるシグナルである場合も皆無とは言えません。
こうした場合は一般的な対処方法とは別に、専門的な医学的対処が必要となります。
臆せず病院に足を運び、まずは診察を受けた上で、適正な消し方を確認してください。

 

 

内出血とあざの正しい消し方としては、まずは冷やして次に温める順番を踏まえた対処が見過ごせません。
更に食生活の見直しや塗り薬を用いるなど、自然治癒力をアップさせる対応も効果的です。
但し病気のシグナルである懸念がある際には、速やかに医師の診察を仰いでください。

スポンサーリンク