手のひら 内出血 病気

手のひらの内出血は病気のシグナル?

スポンサーリンク

手のひらに内出血が生じるケースは決して多いとは言えません。
大きな衝撃を受けた場合の他に、病気の懸念が拭えずとも不思議ではありません。
ここでは以下、この比較的珍しい症状に関する、医学的基礎知識をチェックしておきたいと思います。

 

 

【手のひらの内出血の原因】
内出血は皮膚の下の血管が何らかの原因で敗れ、溢れ出た血液が皮膚の下に溜まる事で患部が変色して見える、身体上のトラブルです。
患部は炎症を生じ、痛みやしびれなどを感じる場合が多く、適切な処置が大切です。

 

 

【思いあたるフシが無い場合】
手のひらに強い衝撃を受けた記憶も無く内出血が生じた場合、その原因が身体内に存在する可能性が無視できません。
血管自体の耐久力が何らかの理由で低下しているなど、病気の可能性を冷静に視野に入れた対応が求められます。

 

 

【紫斑病の可能性】
てのひらの内出血が頻発するばあい、紫斑病と呼ばれる病気の可能性が見過ごせません。
これは毛細血管自体がもろくなってしまい、僅かな衝撃や手の動きだけでも敗れてしまい、中を流れる手液が溢れ出てしまう症状に繋がります。

 

スポンサーリンク

【紫斑病の特徴】
血管の病気の一種である紫斑病は若い女性に比較的多く見られ、最初は患部に小さな赤い斑点が生じ、次第に内出血の面積が広がり目立つ流れが見られます。
特に痛みなどの自覚症状を伴わず、病気の可能性を見過ごし易く、注意が必要です。

 

 

【病気の懸念があれば医師の受診を】
手のひらの内出血が、身体内に生じた病気の兆候を知らせるシグナルであるケースは珍しくありません、こうした場合、自己判断が難しいのみならず、正しい処置を見過ごしてしまうリスクも懸念され、速やかに医師の診察を受けてください。

 

 

【加齢が原因の場合】
また病気が直接の原因ではなく、加齢に伴い手のひらの血管の弾力性や強度が失われ、手を酷使した結果内出血を生じてしまう方々も多々見られます。
それでも不安が残る場合は、念のため病院に足を運ばれる事をおすすめします。

 

 

手のひらの内出血の原因は、外部からの衝撃以外にも何らかの病気、あるいは加齢など、幾つものケースが想定されます。
手のひらという身体の中でも酷使する部位での発症ですので、不安を覚えれば臆さず病院に足を運ぶ姿勢が大切です。

スポンサーリンク