骨折 手術 ボルト 痛み

骨折手術でボルトを用いた際の痛みについて

スポンサーリンク

骨折手術では折れた患部を固定すべくボルトを用いるケースが多々みられますが、その際の痛みがどのようなものなのか、私達としては気になるところです。
出来れば生涯経験しないままがベストの、この疑問にお答えしたいと思います。

 

 

【骨折手術の基本的な流れ】
骨折の疑いが濃いケガの場合、レントゲン撮影で患部の状態を正確に確認からの切開手術となります。
折れた部分をボルトなどのインプラントと称される補強器具を用いて固定から皮膚を縫合し、骨が自力治癒から完全にくっつくのを待つ流れとなります。

 

 

【痛みが生ずる可能性】
骨折手術に際しては麻酔が用いられ、術中に患者が痛みを覚えるリスクは最大限回避されますが、麻酔が切れるタイミングで個人差こそあれど、感覚が戻るに連れて感じる可能性は否めません。
ボルトという肉体的には元来存在しない異物が、折れた患部に装着されている以上、違和感を痛みとして感知してしまいます。

 

 

【痛みが続く期間】
術後に痛みが続く期間に関しては、患部の状態や個人差が見られますが、1〜2週間程度で治まると言われています。
また骨折した箇所自体が炎症を起こしているため、ボルト以外の原因である場合も十分想定されます。

 

スポンサーリンク

【痛みが治まらぬ場合】
入院中であれば医師の判断に基づき処方された鎮痛剤を適宜用い、症状の緩和に努める必要が生じます。
大切なのは症状を正直かつ的確に伝え、誤った医学的対処に及ばぬ姿勢で早期完治を目指す姿勢と意志に他なりません。

 

 

【治癒後のボルトの処置について】
ボルトを装着した位置が皮膚に近い場合、その後の日常生活で患部の可動範囲に支障が生じる、あるいは激しく動かした際に内側から筋肉を傷つけてしまうリスクが想定され、再手術で除去する必要が生じます。

 

 

【インプラントを体内に残す場合】
骨折箇所や骨折時の状態から、治癒後も強度面の確保が必要と判断された場合、ボルトすなわちインプラントをそのまま体内に残す選択が為される場合があります。
こうした場合も違和感や不具合を覚えた場合、状況に応じての適宜再手術が必要となるケースお見られます。

 

 

 

骨折の手術後の痛みは、麻酔が切れ始めた時期から1〜2週間程度続くケースが多く見られますが、患部の症状や個人差に因る部分も小さくありません。
またボルトに関しては再手術での摘出、もしくは補強の必要性から体内に残す場合など、こちらも状況に応じて異なります。

スポンサーリンク