骨折 症状 熱

骨折に伴う発熱などの症状に関して

スポンサーリンク

骨折が原因から誘発する症状として、患部付近が熱を帯びる、更には全身の発熱に繋がるケースも見られます。
ここではそのメカニズムや踏まえておきたい予備知識をご紹介から、適切な対処法を確認して行きたいと思います。

 

 

【骨折と発熱症状の関係】
骨折が生じてしまった場合、患部は炎症を起こし、非常に不安定な状態となってしまいます。
結果熱を帯びて腫れが退かないなどの展開に繋がり、適切に患部を冷やす事で症状の軽減に努める姿勢が求められます。

 

 

【患部を回復させるために】
骨折に際しては、患部周辺の血管を傷つけてしまい、多くの細胞組織も傷を負ってしまいます。
これらが自力治癒を試みる過程に於いて、炎症を乗じている患部を修復すべく、一時的に熱を帯びてしまいます。

 

 

【血液が原因の場合】
骨折に伴い周辺部位の細胞組織が傷を負えば、血液が修復に必要な酸素や栄養素を活発に運んできます。
この活動の活性化が原因となるケースも多々見られます。

 

スポンサーリンク

【骨折と体温上昇】
骨折という身体上大きなダメージを負ってしまった状態に対し、私達の肉体が自己防衛反応を見せる結果、一時的に体温が37〜38℃程度まで上昇する事があります。
悪寒を感じるのも、この身体上のメカニズムが関係しています。

 

 

【適切な対処法】
まずは患部を冷やす事で、晴れや痛みの軽減効果が得られます。
同時に体温上昇の抑制にも繋がりますが、この体温上昇という症状は、免疫機能が作用した結果です。
強引に解熱に努め過ぎてしまってはなりません。

 

 

【速やかに病院へ】
骨折の症状の疑いがある場合は、速やかに病院へ行き、診察から適切な処置をより早く確実に受けてください。
素人判断での応急処置期間が長くなった場合、骨が曲がってくっついてしまう、患部の腫れや熱が続いてしまうなど、深刻な症状に綱アルリスクが高まります。

 

 

 

骨折時に患部が熱を帯びる原因は、炎症を生じている、あるいは患部を回復する働きに起因しています。
また全身の体温上昇は免疫機能が働いているが故の症状です。
患部を冷やし速やかに医師の診察を仰ぐ処置の徹底が求められます、スポンサーリンク