肉離れへのアイシング時間と、その期間は?

肉離れへのアイシング時間と、その期間は?

スポンサーリンク

 

運動によって発生してしまうことがある症状の1つとして、肉離れというものがあります。
この肉離れが発生してしまった場合には、まずはアイシングによって応急処置を行うのが良い方法と言えるでしょう。
ここでは、肉離れへのアイシングについて、時間や期間を紹介します。

 

 

【肉離れへのアイシング時間】

 

それではまず、肉離れへのアイシングがどのような意味を持っているもので、どのような時間を掛けてするべきものであるのか、ということについて紹介します。
そもそもこの肉離れというのは内出血であり、アイシングを行うのは血管を収縮させることによって内出血を納めるための止血としての意味合いがあります。
このため、重要なのは体液の量を増やさないようにコントロールしつつ、血液の量を抑えるようにすることになります。
肉離れを起こした時には、15分から20分ぐらいの時間を1セットとしたアイシングを行うようにしましょう。
これを40分前後の時間おきに行うようにするのが、適切な時間ということになります。

 

スポンサーリンク

 

【どの程度の期間が効果的か】

 

そそれでは、どの程度の期間、肉離れにはこのようにアイシングを行うべきなのでしょうか。
これについては、ずっと行い続ける必要があるというものではありません。
期間としては、凡そ3週間程度が分水嶺であると考えられるでしょう。
応急処置として行なった場合に比べると時間も短くて構いません。
約10分のものを、2,3時間おきに行うぐらいでも十分治療の補助としての効果を期待することができるようになっています。
期間としては、完治するまでの期間というのが一般的な考え方です。
軽度なものならば、数週間程度で収まることが期待できるでしょう。

 

 

肉離れの症状がどの程度の重さであるのかによって、行なうべき時間や期間に違いがあることになります。
そのため、まずは病院に行き、症状がどの程度のものであるのかについてを診療してもらうようにした方が、安心できるでしょう。

 

スポンサーリンク