肉離れの際の飲酒、アルコール摂取は悪影響

肉離れの際の飲酒、アルコール摂取は悪影響

スポンサーリンク

 

筋肉が断絶したような状態になってしまうことによって大きな痛みを伴うことになる怪我として、肉離れがあります。
この肉離れの症状が起こってしまっている場合、気をつけるべきことが1つあります。
それは、アルコールの摂取、飲酒を避けるようにするということです。
それでは、アルコール摂取、飲酒によってどのような悪影響があるのでしょうか。

 

 

【アルコール摂取、飲酒による悪影響】

 

それでは、アルコール摂取、飲酒がなぜ肉離れを起こしている時に悪影響を及ぼしてしまうのか、ということについて紹介します。
これについては、肉離れの状態に在る時にアルコール摂取、飲酒を行なってしまった場合、筋肉が断裂してしまっているその部分に対して、痛みを感じる成分が蓄積しやすくなってしまうことが理由となります。
これによって肉離れが起こっている部位の痛みが単純に強くなってしまうことになります。
さらに、アルコール摂取、飲酒には血行をよくする効果がありますが、この効果が悪影響として発生することにより、拍動が強くなり、神経の圧迫による痛みが強くなるという影響が発生します。

 

スポンサーリンク

 

【アルコール摂取、飲酒は治癒にも非効果的】

 

また、上記のような症状が発生していない場合であっても、悪影響が及んでいることを考えなければなりません。
治癒までに掛かる時間が長くなってしまう可能性が高く、安静にしていなければならない時間が長くなってしまうためです。
そうすると、なお一層飲酒を控えなければならない期間が長くなるため、帰って悪影響であるといえるでしょう。
血行が良くなることによって治療が早まる場合には良い影響が出ることも多いものではありますが、こと肉離れに関しては良い影響ではない、ということは覚えおてきましょう。

 

 

このように、肉離れが起こっている場合についてはアルコール摂取は極力避けるようにするべきです。
肉離れの際には、冷却しつつ安静にすることが治療への近道となることは覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク