捻挫によって発生する腫れや浮腫の解消方法は?

捻挫によって発生する腫れや浮腫の解消方法は?

スポンサーリンク

 

捻挫を起こしてしまった時に、発生しやすい症状として、「腫れ」と「浮腫」の2つがあります。
この2つはいずれも腫れという文字を使っていますが、性質としては大きな違いがあるものです。
それでは、捻挫による腫れと浮腫の症状について、それぞれどのようなものであるのか、解消の方法も合わせて紹介します。

 

 

【捻挫による腫れ】

 

捻挫による主症状として、まずは腫れがあります。
こちらは患部が炎症を起こすことによって発生してしまっているもので、まず最初に見られる症状であると考えて良いでしょう。
捻挫というのは靭帯に損傷が発生してしまっている状態のことを指しているため、この損傷によって発生するのが腫れとなります。
これについては捻挫自体の治療を目指すことが効率のよい解消方法となるでしょう。
安静にしてできるだけその場所に力がかからないようにすることが重要です。
また、アイシングなどによる治療も解消方法としての効果を期待できるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【浮腫の解消方法】

 

そしてもう1つ考えられる症状であるのが、浮腫です。
これは一般的には「むくみ」とよばれる症状のことを指しています。
それでは、浮腫はなぜ起こってしまうもので、どうすることで解消方法となるのでしょうか。
これについては、捻挫を起こしている周辺の組織に影響がでてしまい、特にリンパ節に悪影響が出ていることによって発生するものです。
こうした停滞が起こることでデトックスが十分に行われないようになり、浮腫として現れてしまうことになります。
これを解消する方法としては、マッサージなどを行なうことが1つ考えられます。
また、温めるのも解消方法の1つとして効果を期待することができるでしょう。

 

 

腫れや浮腫への対症療法的な解消方法を行なうのも、炎症を治めるということを考えると効果的な方法の1つではあります。
しかし、やはり重要なのは原因となっている状態自体を早めに治療できるようにすることです。
しっかりとした対処を求められることになるでしょう。

 

スポンサーリンク