捻挫による後遺症とむくみの対処方法

捻挫による後遺症とむくみの対処方法

スポンサーリンク

 

捻挫をすると、むくみが出てしまったり、後遺症につながったりしまうことがあります。
発生に原因があり、対処していくことによって、こうしたむくみも取り除くことができますし、後遺症に発展させることも防ぐことができるといえるでしょう。

 

 

【捻挫とは何か】

 

捻挫は、関節部分にある靭帯や腱、軟骨などを損傷することを指しています。
関節には動かすことができる許容範囲がありますが、これを超えてしまったときに負荷が高まり損傷してしまう可能性が高まります。
これが捻挫となって表れるといえるでしょう。

 

 

【後遺症となってしまうこともある】

 

後遺症となってしまうような怪我になってしまうのは、治療の方法に問題があるようなことだけではありません。
靭帯が切れてしまうような重度な捻挫の場合には、対処の方法を誤れば、のちに後遺症となってしまうことも出てきます。
自己判断だけで済ますのではなく、医師の判断を仰ぎ、適切な対処方法をとるということが重要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

【むくみには理由がある】

 

捻挫でむくみが出てしまうのには、理由が存在します。
血液やリンパ液が原因であり、皮膚下にたまってしまっている状態ですが、捻挫によって引き起こされているため、むくみが出てしまうということになるからです。
テーピングやサポーターで圧迫しているときにも、停滞してしまうことになる見られることが増えます。
よく発生することであり、むくみが問題で後遺症になってしまうようなことはありません。

 

 

【むくみが出た時の対処方法】

 

むくみの対処方法としては、マッサージをするのが一番です。
停滞していることが問題ですので、対処方法としてもわかりやすいところでしょう。
お風呂に入って温めるということも対処方法となります。
ですが、のぼせてしまうことも出てくるため、半身浴で温めていくことが重要です。
足を下げて寝るのではなく、足枕などを利用して高い位置にして寝るだけでも違いますので、気になるときには試してみるべきでしょう。

 

 

捻挫は、対処方法を一つ間違えば後遺症につながることもよくあります。
それとむくみは全く違う要因を持っていますが、心配な時には医師の判断に従うということも必要です。

 

スポンサーリンク