捻挫した時に冷えピタの効果は正しく作用するのか

捻挫した時に冷えピタの効果は正しく作用するのか

スポンサーリンク

 

捻挫してしまったときには、できるだけ早めに対処しなければいけません。
さまざまな方法が考えられますが、その方法のひとつとして冷えピタを使うということを考える人も出てきます。
捻挫ということがどういったものなのか、効果と作用もともに考えていかなければいけません。

 

 

【内出血や炎症を伴う】

 

捻挫をするということから考えていくことが必要ですが、関節を可動域以上に動かしてしまったことによる損傷です。
重度になると靭帯断裂といったことも起きるため、非常に大きな怪我になるといえるでしょう。
内出血や炎症も伴ってくるということが、冷えピタに大きな関係が出てきます。

 

 

【冷えピタでは冷やせない】

 

捻挫をして内出血や炎症を伴いということは、発熱するということにつながっていきます。
そこで、冷えピタの効果を利用して冷やそうということがポイントになってくるでしょう。
しかし、冷えピタのもつ作用はジェルの蒸発熱を利用しているのが重要です。
ですが、これは、患部を冷やすことができるものではなく、成分として使っているメントールの作用で冷えたような感じになるだけで、効果として冷やしてはいません。
つまり、患部に貼っても冷やす効果を得られないということです。

 

スポンサーリンク

 

【冷却するということは正しい】

 

捻挫の急性期において、冷却するということは大変高い効果を得ることができます。
しかし、冷えピタの作用は正しいことではない以上、一般的に用いられる氷水や保冷剤を使った方法が正しい方向性となるでしょう。
応急処置として考えた場合に、冷えピタは手軽で便利ですが、作用を間違って使わないということが重要です。

 

 

【簡単な冷却方法】

 

捻挫の対処として最も簡単な方法は、氷水を入れたバケツに10分から15分患部をつけて冷やすという方法です。
つけられない場合には、ビニールを3重程度にして患部に当てるといいでしょう。
この冷却作用によって、炎症も出血も最小限に抑えることができるため、冷却作用を最大限活用するためにも受傷直後におこなうことが重要です。

 

 

捻挫した時に冷やすということは正しいことです。
冷却効果を使うことによって、将来的な捻挫の回復も早めることができるようになるでしょう。
冷えピタは風邪などで発熱した時には効果的ですので、誤った使用方法をしないことが重要です。

 

スポンサーリンク