予備知識としての親指を脱臼してしまった際の治し方

予備知識としての親指を脱臼してしまった際の治し方

スポンサーリンク

 

スポーツ競技の最中を始め、親指を脱臼してしまう可能性は至るところに潜んでいます。
万一自身の身に生じてしまった際、冷静な初期対応を通じ、ダメージを最小限に抑えた上での適切な処置が求められます。

 

 

【他の四指とは異なる親指の構造】

 

親指は他の四本の指とは形状も構造も大きく異なり、脱臼してしまった際の治し方も、親指の治癒に最適な対処法の実践が求められます。
物を掴む際など、日常的に大きな役割を果たし続けるその分だけ、過度な負担が瞬間的にかかってしまうリスクも高く、たとえばスポーツが原因などで生じるケースのみならず、日常的な動作の中で脱臼してしまう可能性もゼロとは言えません。

 

 

【親指の脱臼とその症状】

 

親指の脱臼は指の付け根の部分に生じるケースが多く、時間の経過と共に腫れと痛みが増し、しびれが患部から腕へと広がり、指を動かし辛くなります。
また指先にも不具合が広がり、従来通りの動かし方に支障が避けられず、正しい治し方に沿った初期対応からの治療が欠かせません。

 

スポンサーリンク

 

【湿布を用いた治し方】

 

親指の脱臼の治し方のポイントとして、患部を固定した上で、炎症と痛みを緩和する対処法が挙げられます。
消炎効果と鎮痛効果を兼ね備えた湿布薬を用い、サポーターで関節を保護して、患部の自然治癒がより確実に進む環境を整えてください。
この際過度にテーピングで固め過ぎてしまうと、結果患部全体を締め付けてしまい、回復にマイナスとなるリスクが否めず、指の元来の可動域を損なわぬ保護が大切です。
固目の訪台を用い、あくまで親指の動き自体を制限する固定方法を実践してください。

 

 

【症状が悪化した際の治し方】

 

痛みが一向に引かない場合の治し方としては、内服薬を用いる、関節に直接注射するなどの医療処置が視野に入ります。
またj骨が変形してしまった場合など、手術で患部を元来の状態に戻す必要が生じるケースも見られます。

 

 

親指を脱臼してしまった場合の治し方として、症状が軽度であれば炎症と痛みを抑える湿布薬を貼り、サポーターと包帯で患部を固定します。
但し症状が悪化して痛みが引かぬ場合には内服薬の使用や注射、骨が変形してしまうなど重症の場合には、手術が必要となるケースも見られます。

 

スポンサーリンク