脱臼した患部を冷やす処置法と痛み軽減の効果について

脱臼した患部を冷やす処置法と痛み軽減の効果について

スポンサーリンク

 

痛みの軽減には患部を冷やす対処法が一般的ですが、脱臼に際してもそれが効果的なのか、冷やす際に注意すべきポイントは何なのかなど、踏まえておくべき関連知識が見過ごせません。

 

 

【脱臼した患部の初期対応について】

 

脱臼に限らず、身体のいずれかの部位に損傷を負い、痛みや腫れの症状が見られる場合、冷やす事で諸症状を緩和する初期対応が一般的に適切です。
私達の身体は冷やされる事で一時的に感覚を失い、それが痛みの軽減と感じられるのがそのメカニズムです。
また傷を負った患部の血行を抑える上でも、冷やす対応が効果的で、内出血や腫れの抑制効果に繋がります。

 

 

【冷やしても痛みが治まらない場合も】

 

身体の外部すなわち皮膚を冷やす対処の場合、脱臼など関節の奥の部分に損傷が生じた、あるいは不自然に神経を傷つけ圧迫した状態となっている可能性が否めぬ場合、必ずしも十分な効果が得られるとは限りません。
速やかに専門医の診察を受け、必要に即した医学的処置が求められます。

 

スポンサーリンク

 

【冷やす対応のデメリット】

 

脱臼した患部を冷やす事で得られる効果とは背中合わせに、損傷した患部の組織の自力再生に関しては、相反するデメリットとなる影響の存在もまた、正しく踏まえておく必要性が見過ごせません。
損傷した身体の組織の再生には、十分な血行が必要ですが、こちらの促進効果には温める対処が必要であり、冷やす対処とは真逆です。
痛みや腫れが引いた後も無意識に冷やし続けてしまうと、患部に十分な酸素や栄養が届けられず、自然治癒を結果遅らせてしまう弊害に繋がり兼ねず、注意が必要です。

 

 

【冷却対応は応急処置と記憶しておく】

 

脱臼で腫れや痛みが著しい場合には、応急処置として患部を冷やし、症状悪化を軽減する事を最優先と記憶しておきましょう。
その後痛みなどの諸症状が完全に治まったタイミングで、今度は患部の再生を促進させるべく、温める対処法へと切り替える治療が効果的です。

 

 

脱臼した患部に生じた痛みや腫れを緩和するには、患部を冷やす初期対応が適切です。
冷却する事で感覚を麻痺させて痛みを軽減すると同時に、血行を抑制から内出血や腫れの症状が抑えられます。
冷却シートなどが無い場合は水道水を用い、優しく患部に当てて対処してください。

 

スポンサーリンク