手の親指の亜脱臼治療関連基礎知識

手の親指の亜脱臼治療関連基礎知識

スポンサーリンク

 

脱臼に準じる亜脱臼の場合、症状を軽く捉えてしまい、十分な初期対応を怠ってしまうケースが多々見られます。
後々悪化させぬためにも、とりわけ発症のリスクが高い、手の親指の場合など、適切な処置方法を確認しておく姿勢が必要です。

 

 

【亜脱臼と脱臼の違いを知る】

 

関節が完全に外れてしまう脱臼に対し、亜脱臼はその手前の段階の軽度の関節のズレと、それに伴う周辺の筋肉や血管の損傷が懸念されるトラブルです。
非常に身近な事例として、私達の誰もが経験を持つ突き指なども、この症状の範疇に含まれるケースが多々見られます。
生じた直後に痛みを感じますが、時間の経過と共にそれも引いて行き、結局そのまま放置から日常生活を続けてしま展開も多く、脱臼と比較して十分な医療処置が為されない傾向が否めません。

 

 

【誤った知識に沿った自己治療のリスク】

 

いわゆる医学関係の誤った豆知識に挙げられる「手の親指の脱臼や亜脱臼は引っ張って治す」が結果、患部に更なる無用なダメージを及ぼしてしまう事例が数え切れません。
まずは患部を冷やし、痛みや腫れの進行を未然に抑える初期治療が欠かせず、これは脱臼など他の関節が絡む怪我に共通しています。
その上で念のため医師の診察を受け、必要に応じた正しい医学的治療を施してください。

 

スポンサーリンク

 

【見過ごしがちな手の親指の亜脱臼】

 

他の四指と比べて頑丈な構造の手の親指に関しては、亜脱臼などのトラブル自体を見過ごしがちな傾向が否めません。
手の親指の付け根付近に気づけば内出血が生じている、従来通りの動きに不具合を感じるなどの場合、皮膚の下で血管が損傷から内出血を起こしている、靭帯が傷ついているなど、亜脱臼の可能性が想定されます。

 

 

【亜脱臼の正しい治療に関する知識】

 

手の親指の時間の経過と共に膨らむ痛みや炎症対策として、消炎鎮痛剤を含む湿布と、包帯やサポーターを用いた患部の保護が求められます。
また速やかな整形外科を受診も欠かせません。
時に激しい痛みが続くケースも見られ、医師の処方の鎮痛剤や注射による症状軽減が必要となる場合も見られます。
ちなみに手の親指のの場合、症状の程度にもよりますが、適切な治療から回復に努めれば、約1ヵ月程度で現状回復効果が期待されます。

 

 

手の親指の亜脱臼に際しては、発症から時間の経過と共に痛みが治まり、十分な治療を施さず自然治癒と誤認識するリスクが見過ごせません。
患部を冷やし内出血や腫れを抑え、桑園鎮痛剤を含む湿布を用いて患部を固定から、整形外科の診察を仰いでの適切な治療が大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

予備知識としての親指を脱臼してしまった際の治し方
大人の股関節脱臼の症状と正しい対処法について
指の脱臼の正しい治し方と全治までに要する期間について
赤ちゃんが肩を脱臼してしまった際の症状と対処法
知っておきたい子供の手首や肩の脱臼の治し方
足の小指の脱臼の症状と適切な治療法について
肘の脱臼のリハビリに要する期間について
脱臼した際には冷やすもしくは温めるのどっち?
脱臼した患部を冷やす処置法と痛み軽減の効果について
脱臼の回復に良い食べ物と食事の効果に関して
脱臼完治までに要する治療期間に関して
肩の脱臼の痛みが続く期間はいつまでか
深刻な肩の脱臼に生じる要手術の可能性と費用面について
赤ちゃんが脱臼を生じているかどうかの見分け方について
生じやすい手首の脱臼の症状と適切な対処法について
肩の脱臼の防止効果に優れたテーピングの巻き方について
足首の脱臼骨折は全治何ヵ月?
足首の脱臼骨折の後遺症は?
親指を脱臼してしまった際の正しいテーピング処置法を知る
脱臼癖がついてしまった身体の部位の治し方について
股関節に生じた脱臼の治し方を検証する
脱臼の治療に際しての湿布の効果について
脱臼してしまった場合には病院の何科を受診すべきか
脱臼で手術を受ける場合に必要な総入院期間について
泣かないからと見過ごしてはならない赤ちゃんの肩の脱臼
脱臼をはめる事で自力で治す上での注意点
知っておきたい小指の脱臼の応急処置法
脱臼の疑いがある赤ちゃんを連れて行くべきなのは何科?
膝蓋骨亜脱臼の症状と完治までに関する基礎知識