脱臼の疑いがある赤ちゃんを連れて行くべきなのは何科?

脱臼の疑いがある赤ちゃんを連れて行くべきなのは何科?

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに脱臼の疑いが察知された場合、迷わず速やかに専門医の診察を受けねばなりません。
ここで大切となるのが、病院の何科に連れて行くべきなのかの正しい判断と躊躇しない仁俗な対応に他なりません。

 

 

【何科へ連れて行くべきか】

 

赤ちゃんに脱臼の疑いが見られる場合、速やかに専門医の診察を受ける必要性が見過ごせません。
ここで保護者や周囲の大人達が踏まえておくべきポイントとして、病院の何科へ連れて行くべきかの正しい予備知識と迅速な対応が挙げられます。
とりわけ赤ちゃんの場合、本人が自覚しておらず泣いたりしせず、腕や全身の動きが不自然な点から周囲が気づくケースも少なくありません。
最寄りの小児科もしくは整形外科に、疑わしき患部を十分保護した状態で連れて行く初期対処が欠かせません。

 

 

【新生児検診時のデータに着目を:

生まれた赤ちゃんは、生後一定期間毎に申請時検診を受け、この際に関節の成長具合のチェックから、股関節や肩関節の脱臼のリスクなどに関する、医師からのアドバイスが得られます。
先天的に脱臼しやすい骨格の赤ちゃんである場合、緊急時に迷わず連れて行ける、対応してもらえる受診先を確保しておく事が大切です。
何科に行くべきか、近隣に対応してくれそうな医療機関が見当たらない場合など、かかりつけの内科医に紹介してもらうなど、情報収集から受診先をリサーチしておく備えが見過ごせません。

 

スポンサーリンク

 

【何科かに迷った際には最寄りの医療施設へ】

 

赤ちゃんに多く見られる肩の脱臼の場合、自分自身で身体の向きが変えられない、おもちゃやおやつに手が伸びないなど、通常とは異なる動作が見られます。
痛みから大泣きしているのを、発熱や腹痛と誤認識してしまうケースも見られ、慌てて医療機関へ連れて行くケースも見られますが、この応急処置自体は決して間違いとは言えません。
何科かに関わらず小児診療に対応する医療機関であれば、脱臼の事実や可能性を速やかに確認から、何科に行くべきかの指示を届けてくれます。

 

 

【アクシデント予防上の注意点】

 

お風呂上りに両足をピンと伸ばした状態のまま、タオルで包んで抱いてしまうなど、足関節に余裕のない態勢を強いてしまった結果、股関節脱臼を招いてしまうケースが見られます。
また無意識に赤ちゃんの手を引っ張っただけで、手首や肩が外れてしまうリスクも否めません。
落とさぬようにしっかり抱きかかせる注意が欠かせぬ一方、華奢な関節に過度な負担を一気に欠けてしまわぬ配慮が求められます。

 

 

赤ちゃんに脱臼の疑いが生じた際には、小児科もしくは整形外科へ連れて行き、専門医の診察からの適切な処置が欠かせません。
また強く手足を引っ張ってしまう、関節を伸ばした態勢を強いてしまうなどが、脱臼発症に繋がるリスクを正しく理解から、柔らかく華奢な身体に無用な力を及ぼさない接し方が求められます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

予備知識としての親指を脱臼してしまった際の治し方
大人の股関節脱臼の症状と正しい対処法について
指の脱臼の正しい治し方と全治までに要する期間について
赤ちゃんが肩を脱臼してしまった際の症状と対処法
知っておきたい子供の手首や肩の脱臼の治し方
足の小指の脱臼の症状と適切な治療法について
肘の脱臼のリハビリに要する期間について
脱臼した際には冷やすもしくは温めるのどっち?
脱臼した患部を冷やす処置法と痛み軽減の効果について
脱臼の回復に良い食べ物と食事の効果に関して
脱臼完治までに要する治療期間に関して
肩の脱臼の痛みが続く期間はいつまでか
深刻な肩の脱臼に生じる要手術の可能性と費用面について
赤ちゃんが脱臼を生じているかどうかの見分け方について
生じやすい手首の脱臼の症状と適切な対処法について
肩の脱臼の防止効果に優れたテーピングの巻き方について
足首の脱臼骨折は全治何ヵ月?
足首の脱臼骨折の後遺症は?
親指を脱臼してしまった際の正しいテーピング処置法を知る
脱臼癖がついてしまった身体の部位の治し方について
股関節に生じた脱臼の治し方を検証する
脱臼の治療に際しての湿布の効果について
脱臼してしまった場合には病院の何科を受診すべきか
脱臼で手術を受ける場合に必要な総入院期間について
手の親指の亜脱臼治療関連基礎知識
泣かないからと見過ごしてはならない赤ちゃんの肩の脱臼
脱臼をはめる事で自力で治す上での注意点
知っておきたい小指の脱臼の応急処置法
膝蓋骨亜脱臼の症状と完治までに関する基礎知識