頭 打撲 何科

頭を打撲した場合の危険性は!?病院は何科を受診すればいい?

スポンサーリンク

打撲というのは子どもから大人まで誰にでも起こりうる症状ではないでしょうか。
家の中でも外でも起こる可能性がありますので未然に防げるものは防ぐ必要があります。
しかし不意の転倒などで受傷してしまう可能性もゼロではありません。

 

この場合に頭を打撲した場合の対処方法についてお話していきましょう。

 

 

基本的に強打することによって皮膚や腱、筋肉などに損傷が出ます。
そのため全身のどこにでも起こる可能性があります。
手や足を受傷したというのは誰にでも経験のあることだと思います。
しかし頭や胸、お腹などを強打した場合には注意が必要です。
特に頭の場合には脳がありますのでなおさら注意しなくてはなりません。

 

このような場合には病院へ行き検査をする必要があります。

 

何科と迷った場合には脳神経外科で問題ありません。
通常の打撲の場合には整形外科ですが脳の専門は脳神経外科になりますのでそちらへ行きましょう。

 

ただ病院へ行くかの判断に迷う場合もあるかと思います。

スポンサーリンク

どのような症状が出ていたら危険なのかについてもお話していきましょう。
下記のような症状が出ている場合には早めに病院へ行く必要があります。

 

・頭を打った際の記憶がない、そのあとの記憶がない
・嘔吐を繰り返している
・痙攣、手足の痺れ、麻痺
・意識がない、または眠ってしまう
・物が2重に見える
・意識混濁、会話ができないなど
・頭痛がひどくなっていく

 

これらの症状がみられる場合には緊急性を要しますので救急車を呼びましょう。
無理に動かそうとせず、安静にして待つことが大切です。
ただし安全ではない場所では安全な場所へと移動させる必要があります。
受傷した直後にこのような症状が出ている場合には何科と言われると救急科になります。
その後脳神経外科に行き検査を行います。

 

症状がひどい場合には救急車を要請しますが、何も症状が出ていない場合には判断に迷うところです。
基本的に頭の中で出血などの異常がある場合には約24時間以内に症状が出ると言われています。

 

そのため2,3日しても何も症状が出ない場合には心配ないと言えます。
※ただし出血が少量の場合には遅れて異常が出てくる場合もありますので一概にこうとは言えません。

 

何も症状が出ていなくても検査だけでも受けることで不安は取り除くことが出来ます。
何科と迷った場合には脳神経外科を受診しましょう。

スポンサーリンク