打撲 電気治療 効果

打撲で電気治療の効果は!?怪我した時の早期完治方法!

スポンサーリンク

打撲というのは強く強打した際などに発生する筋肉や皮膚、筋膜などに損傷が起こります。
症状は痛みと共に内出血や腫れを伴います。

 

その治療方法というのは主にRICE処置にて行っていきます。

 

RICE処置というのは「安静」「冷やす」「圧迫」「挙上」の英語の頭文字をとってRICEと言われています。
受傷した直後には非常に有効な方法となっています。

 

では電気治療というのはどのような効果があるのでしょうか??

 

 

以下のような効果を期待できます。

 

・治癒力の向上
・痛みの緩和
・血行を良くする
・筋肉をほぐす
・筋肉増強
・痺れ、麻痺の緩和

 

これらのことが期待できます。
これは電気によって細胞を活性化させるという方法です。
打撲で損傷するのは軟部組織(なんぶそしき)です。

 

その細胞を活性化させることによって治癒力を高め、早期完治を促します
基本的には10分〜15分ほどの時間に電気を当てると効果は期待できると言われています。
主に整骨院などで治療を受けられます。

スポンサーリンク

整骨院ではマッサージや電気治療の他にも鍼治療なども行っています。
電気治療は打撲の他にも骨折、捻挫、筋挫傷などの治療にも効果があると言われています。
電気にもいくつかの種類があります。

 

低周波、中周波、高周波、超音波、干渉波などさまざまな種類があります。
これらの電気によって筋肉や神経を刺激することによって痛みの緩和や炎症を抑えるなどの症状の緩和に作用します。

 

特に超音波療法はベッカム選手や松井選手などが受けたことで知名度が一気に上がりました。
スポーツ選手の場合には受けたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

打撲の場合は特に重要なことは上述したRICE処置になります。
冷やすということは痛みの緩和だけでなく炎症を抑える働きもあります。
冷やしたうえで安静にして心臓より高い位置に上げましょう。

 

RICE処置を行ったうえで早期完治を目指すうえで電気治療を取り入れていきましょう。
最近ではさまざまな電気装置がありますのでまずは整骨院などで相談しましょう。

スポンサーリンク