打撲 跡 しこり

打撲跡にしこりが残る原因と対処方法/治療のカギは電気治療

スポンサーリンク

打撲というのは誰にでも経験があることが思います。
これは痛みや腫れとともに内出血を伴うこともあります。
家の中で足をぶつけてしまった、スポーツの際に接触してしまったなどさまざまな場面で起こる可能性があります。
重症の場合には内出血がひどく出てしまう場合もあります。

 

打撲跡にしこりが出来てしまうことがあります。
その原因と対処方法についてお話していきましょう。

 

打撲はおよそ1週間〜2週間ほどで完治へと向かいますが、重症の場合には長引くこともあります。
また内出血などの症状が出ている場合にはすべて消えるまでには1か月ほどかかる場合もあるでしょう。
跡にしこりが残ってしまったという場合には血腫が吸収されなかったと考えられます。

 

特に患部を安静にしなかった場合や高齢者に起こる症状で組織の新陳代謝が低下している場合に起こりやすいです。
また内出血がひどい場合には起こることもあります。
この場合には痛みは出ないことが多いですが、神経を圧迫するほどの大きさだと痛みが出る可能性もあります。

スポンサーリンク

血腫が起きてしこりになってしまった場合には身体の中に吸収されることを待ちます。
そのため消えるまでには長期間かかる可能性があります。
およそ3か月〜半年ほどなくなるまでにかかってしまうこともあります。
これは損傷が治る過程で起こることですので異常ではありません。
その治療方法というのは基本的には吸収されるまで放置することが考えられます。

 

しかし早めに治したいのであれば電気治療、もしくは手術があります。
電気治療というのはさまざまな種類があります。
電気の刺激によって血行を促進させることによって自然治癒力を高めるというものです。
低周波、高周波、低音波などの方法があります。

 

気になる場合には手術で取り除くということもできます。
簡単な手術になりますので短時間で終わり、また合併症などの心配も不要となります。
打撲した跡にしこりが気になる場合にはこれらのことを試してみてください。
病院、または整骨院などで施術してもらえます。

スポンサーリンク