顔 打撲 何科

顔を打撲した場合は病院は何科を受診すればいいの?脳に影響がある?

スポンサーリンク

 

打撲というのは誰にでも起こる可能性があり、また若い人から高齢者まで年齢問わず起こるものです。
実際に経験がないという人は少ないのではないでしょうか。

 

年齢と場所も問わずに起こる可能性があります。
外を歩いているときに転倒、自転車に乗っているときに転倒、家の中で転倒、転倒ばかりになってしまいましたがぶつけた場合にも起こる可能性はあります。

 

顔を打撲した場合には病院は何科へ行けばいいのでしょうか??

 

 

基本的に「整形外科」になります。
ただしぶつけた場所によっても異なります。

 

顔に強い力が加わってしまった場合には脳神経外科に行く必要があります。
それは脳があるからです。

 

顔や頭は脳に損傷が出てしまう可能性があります。
この場合には脳へと悪影響が出てしまう場合には危険となる可能性もありますので注意しましょう。

 

意識混濁、吐き気、頭痛、嘔吐、痙攣、記憶障害などを伴っている場合にはすぐに病院へ行きましょう。
何科と迷った場合には整形外科、もしくは外科になります。

 

スポンサーリンク

 

【子供はどうすればいいの?】

 

特に子どもの場合には何科と迷うことも多いと思います。

 

しかしこの場合にも脳神経外科で大丈夫です。
ただ脳神経外科も子どもは専門外の場所もありますので事前に確認を取りましょう。

 

子どもの場合は内科系の場合には小児科怪我などは整形外科になります。

 

 

【大人の場合は…】

 

大人の場合には症状がひどい場合には脳神経外科、症状が軽い場合には整形外科に行きましょう。

 

顔を強打している場合には場所によっては骨折の可能性もあります。
この場合には強い痛みの他に腫れも伴います。
ただし初期症状では見分けにくいですので病院へ行き検査を受けましょう。

 

 

【対処・応急処置方法】

 

顔を打撲した場合の対処方法はまずは冷やすことが大切です。

 

鼻を強打した場合には鼻血を伴っていることもありますので出来るだけ上は向かないようにしましょう。
喉に血が詰まってしまう可能性もあります。

 

やはり一番危険なのは頭になります。
頭を強打した場合には早めに病院を受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク