打撲 血腫 しこり 対処 内出血

打撲跡にしこりが出来た!?血腫によるものです!内出血のその後…。

スポンサーリンク

打撲というのは身体のどこかを強打した場合に起こる怪我です。
これは身体のどこにでも起こる可能性がある怪我で、誰でも一度は経験していると思います。
軽度な場合には1週間〜2週間ほどで治ることがほとんどです。

 

しかし重症の場合には長くなることもあります。
その症状というのは痛み、腫れ、内出血が起こります。
内出血がないこともありますが、多くの場合は内出血を伴います。

 

内出血すると治る過程、もしくは治った後にしこりが残ってしまうことがあります。
そこまで多い症状ではないですが内出血によって血液が組織に溜まってしまうことによってコブのようなものが出来ています。
このしこりやコブのようなものを「血腫」と言います。
要するに皮膚の下で血が固まったものを指します。

 

これは誰にでも起こる可能性がありますが、特に患部を安静にしていない、血管が弱くなっている高齢者によくみられる症状です。
多くの場合には3か月〜半年ほどの期間を経て身体に吸収されていきます

スポンサーリンク

しかし強打した場合や激しい転倒などによって血液が大きく損傷している場合には内出血の量が多い場合があります。
この場合には血腫が大きくなってしまう可能性があります。
大きくなってしまうと痛みも強く出ることがあります。
この場合には自然消滅することは難しい状態になります。

 

大きなしこりになってしまうこともありますが基本的には徐々に小さくなっていきます。
ただし長期間そのままにしてしまうと残ってしまう可能性もありますので病院で処置する必要があります。
残らないようにするためには患部を安静にすること、冷やすことが重要です。
内出血が起こっている場合には冷やすことで血管を収縮させる効果を期待できます。

 

腫れが引いてきたころに冷やすことから温めることに切り替えます。
これは代謝を良くすることによって血腫の吸収を促すというものです。
大きい場合には病院で注射によって血を抜くこともできます。
病院や整骨院で電気治療を受けることでも緩和させる期待が出来ますので治療を受けましょう。

スポンサーリンク