打撲 痛み 長引く 対処

打撲の痛みが長引く場合の対処方法/症状を理解した正しい処置法

スポンサーリンク

打撲というのはさまざまな場面で起こる可能性があります。
スポーツをしているとき、家の中で何かにぶつかった、さまざまな場面で負傷する可能性がありますので起きないように注意しなければなりません。
しかし不意の出来事で何があるかわかりません。

 

主な症状としては痛み、腫れ、内出血の症状が起こります。
これは皮膚の下の組織が損傷するために、これらの症状が現れます。
軽度であればおよそ1週間〜2週間ほどで治ることがほとんどです。

 

しかし痛みが引かずに長引くことがあります。
この場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

 

打撲自体はそこまで重い症状ではありません。
そのため1週間〜2週間の期間がたっても治らない場合には注意が必要です。
骨折などの可能性もありますので長引く場合には早めに病院へ行くことが大切です。

 

骨折との違いについてもお話していきましょう。

 

基本的に症状はほとんど同じです。
大きな違いというのは分かりにくいですが痛みと腫れには違いがあると言えます。

スポンサーリンク

骨折の場合には大きく腫れあがり、動かせないほどの痛みが出ます。
そのため打撲した後に動かせない、我慢できないほどの痛みがある場合には骨折を疑いましょう。
しかし動かせないほどの痛みがない場合には病院へ行くことをためらってしまうこともあるかもしれません。

 

その場合の対処方法は腫れや炎症、患部に熱などの症状が出ている場合には冷やすことが重要です。
腫れなどの症状というのは自然治癒力を高めるために血液が集まってきています。
そのため内出血をしている場合には広がりやすいということになりますので冷やすことで血管の収縮を促します。
腫れや炎症が起きている段階では冷やしましょう。

 

冷やすことによって痛み、腫れ、内出血の緩和が期待できます。
また腫れや炎症がおさまってきた時期には温めることが必要になります。
これは温めることによって血流を良くし、体の自然治癒力を高めるというものです。
特に損傷している患部を治そうと酸素や栄養素をたくさん使用し血管は疲労しています。
そのため血のめぐりが悪くなっています。

 

温めることによって血流を促しますので効果的に修復を促すことにつながります。
長引く場合の対処方法というのはこちらになります。
それでも痛みが引かない場合には病院へ行き医師の指示に従いましょう。

スポンサーリンク