打撲 腫れ 期間

打撲の腫れが続く期間はどれくらい?/短くするために必要な処置方法

スポンサーリンク

打撲によって生じる腫れは患部の治癒を行っている証拠ではありますが、その痛みは耐え難いものがあります。
その痛みによってかゆみなども併発してしまい、かなりのストレスになってしまうのです。
そうしたストレスや不安を抱えたままだと患部が腫れている期間が長くなってしまうとされています。

 

それだけ痛みやかゆみというのは人体に悪影響を与えるのです。
そうした痛みとかゆみを抑えるためには、まず冷やすことが大切であり、確実に行っていかなければなりません。
冷やすことによって腫れが引きますが、これは患部の血管が収縮し、血の巡りが悪くなっているからです。

 

これは治癒の促進という意味では悪影響であり、治りが遅くなってしまう治療と言えます。
しかし、これを行うことによって痛みとかゆみを軽減させ、快適に生活することができるのです。

 

打撲によって生じる腫れはまず冷やす期間を設けなければなりません。
確実に冷やし、ストレスを軽減させることが重要です。

スポンサーリンク

冷やすことで苦痛を軽減できますが、ずっと冷やしたままだと治りが遅くなってしまいます。
ある期間を過ぎたら今度は逆に暖めるようにするといいのです。
暖めることによって血管が開き、血の巡りが良くなって早く治ります。
いきなり打撲を暖めると痛みとかゆみが増大してしまうのでやめましょう。

 

プロのアスリートなどがいきなり暖めたりしますが、あれは医師の指導のもと慎重に行っているので素人は真似できません。
打撲の腫れを一刻も早く抑えるにはまず冷やし、痛みが引いてから暖め始めるのが一番早く治すことができます。
冷やす期間はおよそ丸一日から一週間くらいで、暖める期間は腫れが完全に収まったあたりです。

 

腫れが続く期間はおよそ1週間〜2週間ほどになります。
ただし重症度によっては長引くこともあり、人によっては数か月続くこともあります。

 

打撲は急がず、長期間かけて治すことで体への負担は軽くなります。
暖めるのに一番最適なのは半身浴であり、打撲の治療には最適です。
温泉に行くのも効果的であり、血行を良くするのに昔から使われている治療方法となっています。
適切な治療を行って、打撲の腫れを引かせましょう。

スポンサーリンク