尾てい骨 打撲 症状 痛み

尾てい骨は打撲する可能性が高い!その症状は?痛みを伴います!

スポンサーリンク

尾てい骨の打撲は非常に多いものです。
一般的に尻もちをつくという状態で強く打ってしまった場合に症状として痛みが出てきます。
尾てい骨は進化の過程で退化した部分なので通常は利用していない部分ですが、神経に関連した部分でもあることから炎症を起こすこともあります。

 

打撲をすることで症状として内出血や腫れや痛みが出てくることもあります。
尾てい骨を打撲してしまうと非常に長い期間にわたって症状が続くこともあります。
痛みが何年も続くという例もあります。

 

他の打撲と同じように最初はとにかく冷やすということが大切になってきます。
保冷剤でも氷でもいいので出来るだけ早く対処をするということが重要になってきます。

 

氷などが身近にない場合には出来るだけ冷たいものを当てるということもでもいいといえます。
ペットボトルに入った水などでも効果があります。
初動の動きをいかに早くするかによって大きくその後の状態に違いが出てくるといえます。

スポンサーリンク

尾てい骨を打撲してしまったときでも症状としては腫れや炎症を抑えて痛みを和らげるということが大切になってきます。
もちろんそのためには尾てい骨の打撲も湿布などの鎮痛効果のあるものを使用することで症状の緩和を試みていきます。
とにかく日数をかけて気長に治すということが一般的な対処法ということになります。
湿布を楽天でチェック

 

痛みを和らげるということが尾てい骨の打撲の場合でも他の打撲の場合でも重要になってきます。
症状が軽くなったとしても痛みが残っていると、どうしても辛いということがあります。
もちろん湿布などを用いるだけではなく症状が軽くなってきたときには動かすということも大切になってきます。

 

ストレッチなどを行うことで体の状態を整えることができます。
筋肉を柔軟に柔らかくしておくということは怪我などの防止にもつながっていきます。
しかし、ストレッチなどを行う際には十分に痛みがないか確認をしたうえで行うことが重要になってきます。

スポンサーリンク