打撲 痛み いつまで 期間

打撲の痛みはいつまで続く?/症状が続く期間はおよそ1〜2週間目安

スポンサーリンク

打撲とは、転んだ時に痛みを伴ってしまい跡がついてしまうことを言います。
触るとズキッとした痛みを感じてしまい、紫色に変色してしまう場合もあります。

 

そんな打撲ですが、痛みはいつまで続くのか、どのくらいの期間かとても気になります。
個人差はありますが、大体一週間もすれば、徐々に良くなり腫れもひいてきます。

 

いつまでの期間と身構えて置くのではなく、いつ治ってもいいやというマイペースな気持ちでいる事が何よりも大切です。
しかし長引く症状は不安になるかと思います。

 

打撲で痛みや腫れがひくまでの期間はおよそ1週間〜2週間ほどになります。
症状が重い場合にはひくまでに数か月かかることもあります。

 

子供の打撲は大人と比べるとややはやいスピードで治ります。
子供の方が若さがあるので、新陳代謝も鈍っていません。
痛みもほぼ感じることなく、平和な毎日を過ごすことも可能です。

 

いつまでも痛みが続くわけではないので、湿布をしたり、上手に打撲の痛みと付き合うことですぐに治ることができます。
症状が軽い場合には放置しても治りますが、あまりにも心配な場合は、医者に行って専門の先生に診てもらうのが一番適切で安心します。
処方箋ももらえる場合があります。

スポンサーリンク

いつまでの期間なのかは人それぞれですが、はやい人は3日もあれば、痛さが無くなり、身体を思い切り動かすことができます。
打撲に構いすぎて触ったりつついたりすると、跡が残ってしまう場合があり、何年もそのままの事例もあります。

 

いつまでも痛い場合は、湿布を貼って様子を見、期間を通り越すのを待つのが吉です。
打撲は決して治らない怪我ではないので、期間を過ぎれば、元どおりの綺麗な皮膚になります。

 

いつまでも残ってしまう場合には、手術をして皮膚を再生したりする方法もあります。
期間を過ぎれば、元どおり、健康的な皮膚と身体を手にすることができます。

 

また打撲を作らないように、スポーツをするときは周りをよく見て、友達と遊ぶときは、転ばないように十分な注意を持つことが大切です。
気をつけることで、健康にもつながり、いつまでの期間痛みを我慢しないといけないんだろうなとど考えることはありません。
大概は治る怪我なので、安心して過ごすことができます。

スポンサーリンク